2012年10月20日

高松物流センター設備紹介A

A縫製企画部門設備

CIMG1601.jpg
スタッフ事務所

CIMG1608.jpg
縫製スペース

CIMG1610.jpg
自動糸切り本縫いミシン

本縫いミシンは縫製の基本のミシンです。
現在物流センターには本縫いミシンを8台設置してあります。

基本の地縫い・ステッチからアタッチメントを付けて
三巻・縁取りパイピング・四折り等様々な工程をこなします。

CIMG1611.jpg
1本針オーバーロックミシン

オーバーロックは本縫いと合わせて縫製の基本ミシンです。
裁断した裁ち目のほつれ防止の始末をします。
現在社内には4台設置してあります。
このうちの1台は改造して「メロー縫い」専用にしてあり
スカーフやスカートの裾始末に活躍しています。

CIMG1613.jpg
3本針インターロックミシン

これは、地縫い+2本針オーバーロック(裁ち目始末)
2つの工程を一度にこなします。
袖を付ける時・脇を縫う時などに威力を発揮します。

CIMG1616.jpg
穴かがりミシン

ボタン穴が数秒で出来上がります!

CIMG1615.jpg
本縫いボタン付けミシン

これも数秒でボタン付けをしてくれます。
本縫いなのでしっかりボタンを付けてくれます。

CIMG1623.jpg
自動リング加工ミシン

細いコールゴムでも輪っかにして縫いつけます。
12cmの小さいリングから加工出来ます。

CIMG1620.jpg
自動延反機

裁断作業の第1段階延反作業
センサーできれいに生地のミミをそろえながら自動的に
設定の長さで指定数量を重ねていきます。

CIMG1621.jpg
バンドナイフ機

裁断機では切れないような細かい部品を断つ時に使います。

CIMG1605.jpg
プロッター

パソコンに入力した様々なデザインをカットします。
転写プリントのシートをカットするのに使います。

CIMG1625.jpg
平板プレス機

大型のプレス機も導入しました。
これは、接着芯地を貼る作業や転写プリントの作業に使います。

CIMG1618.jpg
バキューム付仕上げアイロン台


まだまだ紹介しきれませんが、
さまざまな縫製設備で多様化する縫製加工
また、新商品の企画開発に役立っています。

縫製加工のご相談なら

葛C谷 高松物流センター

 〒929-1215
  石川県かほく市高松ア36−1
    TEL 076-281-1811
    FAX 076-281-1860

      担当 高倉光一


mail: takakura@kitani-gomu.com

サイト: http://dosewing.com/

posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59376957

この記事へのトラックバック