2018年01月16日

地縫いとステッチ

縫製の豆知識B

今日は縫製の基本用語で工場内ではしょっちゅう使う言葉です。

【地縫い】じぬい

これは先ずものを作るときまず最初に形にするため

2枚の布をしっかりミシンで縫い合わせる工程を言います

普通は中表に2枚の布を合わせ裏から塗って表に返します

(出来上がった時には外から縫い目が見えません)

この時大事なのは縫うところの布の端をきちんとずれないように合わせて

同じ幅で縫うことです。

この縫う幅を縫い代(ぬいしろ)と言います。

ふつうの場合、縫い代は1cmです。

ただ素材、形状、用途等で5ミリだったり、1.5cmとかに変える場合もあります。

この地縫いを正確にきれいに縫うことが後の全ての工程に影響します。

出来上がりサイズは全てこの地縫いで決まります。

【ステッチ】

ステッチの意味は表から見える縫い目を指します。

しかし、普通縫製工場では一般的に

デザイン上の飾りやグレードアップの為や強化に縫った縫い目を指します。

たとえば普通のワイシャツのポケットを考えてください。

ポケット口を縫ってあるミシン目・・・・真っ直ぐであったりVであったり

これは普通にポケットステッチの工程と言いますが

ポケットを身頃の胸に付けてある縫い目

これもステッチには間違いないのですが

普通はポケットつけとか たたきつけ と表現しますね。

違う布に取り付ける目的で縫ったミシン目と区別します。

ただこれも工場によって言い方も違いますからややこしく

定義もあいまいですから私も何が正しいのかは分かりません。


しかし、はっきり言えるのは

表から見える縫い目は(見えないものもですが)絶対に

運針・縫い幅・糸調子これらをきちんと揃えて縫うことです。

仕上がり商品価値はこれで決まります。

【コバステッチ】

これは縫製工場では良く聞く言葉です。

1mm〜2mmの細い幅のステッチの事です

【ダブルステッチ】

カジュアルっぽい雰囲気を出すため、

また縫った箇所をさらに強化するために

スッテッチの内側または外側にもう1本ミシンで縫うもの

これがWステッチです(2本線になります)


ステッチは普通 運針13針〜18針くらいで

素材、アイテム、デザイン等で決めます
商品の品定めをするときはここを良く見てください



【縫製の豆知識の最新記事】
posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫製の豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182163928

この記事へのトラックバック