2017年12月26日

糸調子と運針


縫製の豆知識A

(糸調子と運針)

前回はミシン作業をするまでの基本について書きましたが

今回は作業に入る前に一番大事な糸調子です

IMG_4976.jpg
上の写真はテキストを撮ったものですが

本縫いの原理を分かりやすく手縫いで記してあります

IMG_5122.jpg

上の図が本縫いミシンの上糸の糸道(糸の通し方)図です

ミシンを縫う前には必ずこの糸道が間違っていないか

必ず確認することが大事です

IMG_5125.jpg

下糸はボビンに巻いたものをボビンケースに入れ釜にセットしますが

本縫いのミシン目は上糸と下糸のバランスがとれていないときれいになりません

上の図のような方法で上糸と下糸の強さを調整します

IMG_5120.jpg

一番上のように表も裏も同じように点線になるよう調整します

上糸の張りが下糸よりきついと下のように表側の目がつれて

だんだん1本線に見えるようになります

生地の組成、厚さ等様々な条件により縫い目は変わってきますから

きれいな縫い目(生地も縫ったところが波打たずフラットに)になるよう

使用糸の選定や糸調子、押え圧他いろんなことを条件に合ったように

調整していくことが大事になります

IMG_5121.jpg

そして運針を合わせます

運針とは

3cmの間に針がいくつ進むかの数です

これが縫い目の数になります

当然、細かい縫い目の場合強度は高くなりますが

パッカリング(生地が糸で引っ張られ波打つ状態)が出やすいです

粗く縫えば逆にほつれやすくなります

上記写真の上の縫い目は

運針 14針  下は 19針 位です

メーカーから発注される商品の

縫製仕様書には必ず運針の指示がされます


縫製作業にかかる前に準備として

この運針を確認することが一番重要なのです


posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫製の豆知識

2017年12月17日

洋々たる未来になれ!


今日、金沢は朝から雪!

買い物から帰るとすぐ今年初の雪かきをしました

こんな季節、録画してあるテレビ番組を見るのが楽しみ

このクール私の期待してたのは

「ドクター]」第1シリーズからの大好きな番組

そして「陸王」とwowowの「石つぶて」

期待にたがわず面白いですね!

そして昨日録画を見たのは NHK「町工場のオンナ」

ちいさな鉄工所の社長が急死して娘が継ぐ話ですが

このドラマ大好きで1回目から欠かさず見ています

治具・ゲージの1点ものを作る会社 

ミクロンの技術を誇る町工場

まさに私が若い時少し働いた会社と同じなんです

私は直接ものづくりしませんでしたが

社内の職人や外注の職人のおやっさんと本当にいいものを

お客様の会社に役立つものを作るためにと

徹夜もいとわず一緒になって頑張ったことを思い出します

このドラマの舞台の工場と全く同じでした


そして今回の内容で考えさせられ感銘を受けたたのは

前社長がやっていた中学校での体験講習授業を引き継いだ

竹中直人扮する職人のおやっさんの最後の挨拶

「モノづくりに終わりはない もっといいものを

もっと改良できないか・・・その繰り返しで果てしない

そしてモノづくりの楽しさを知った者には

洋々たる未来がある・・・」

と言うような内容の言葉を語るのですが

本当に私もそう思います。

今は大量生産の時代!企業は利益ばかり追いかけ

職人の感覚的な技術が忘れられ継承されない時代

様々な業界にすべて共通すること

伝統工芸だけは国に結構守られていますが

こんな技術を持った町工場が日本のあちこちにあるのです。

職人が尊敬されて憧れる若者が出てくるような社会

切に望みます!

葛C谷高松物流センターは

モノづくりの楽しさ喜びを覚えた若者がたくさんいます

この若者たちに洋々たる未来が開けますように・・・




posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫製屋タカのフリートーク

2017年12月15日

縫製作業の基本について

今日からこのページ「縫製の豆知識」の中で

縫製屋タカとしていろんなことを書いてみたいと思います

アパレルの縫製工場では新人が入ってミシン作業を教えるとき

このテキストの内容に沿って基礎を覚えてもらいます

IMG_4968.jpg

ほとんどの縫製工場が作業の主力となる

「本縫いミシン」は JUKI製を使用しています

メーカーは違っても縫製作業の基本は変わりません

IMG_4959.jpg
IMG_4964.jpg

まず、ミシンの座り方が大事です

テキスト写真のように、ミシンに体を正対し

身体の中心を針棒の位置において座ります

椅子には深く腰掛け背筋を伸ばし

ミシンテーブルと体の間はこぶし2個分くらい離れるようにし

ペダルは必ず図のように両足で踏む癖をつけます

これが一番身体に負担がかからず疲れない

と言うことはイコール

品質が良く生産性が高く持続して作業ができる基になります

『正常作業範囲』が一番広くとれるのです

腕全体が自由に使え大きいものでも取り回しがスムーズにできます

所作もきれいに優雅になり本人もきれいに見えますよ笑

数年前の映画「繕い裁つ人」の主役 中谷美紀さん

そしてドラマ「アンダーウェア」の中で重要な役となった

国内縫製全盛期の主役機種「DDL555」JUKI製を操つる大地真央さん

二人がミシンを使う所作・・・これがこの基本の姿でした!

もちろん専門家の指導を受けたのでしょうが

この所作のきれいさに縫製屋タカ感銘を受けたのでした

今日はここまで・・・




posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫製の豆知識

2017年12月05日

Zakka*たいむVol.3 ありがとうございました



友人の作家夫妻が主催の昨年から始めたイベント

「雑貨たいむ」

去年の5月、今年の5月と2回

石川県産業展示館2号館で行われたのですが

大好評で大勢の来客があり通路が一杯になって

移動も困難な状態でゆっくり見れないという声も多く

今回は秋に4日間開催で1.5倍の広さがある1号館

に会場を変えて行われました!

11月23日(木祝)〜26日(日)までの4日間開催の長期戦

今までは3日間開催だったのですが1日延長です

私は前日の搬入を入れて5日間通いました

IMG_4848.jpg
ここでも「お名前入りシリーズ」の宣伝に努め早めの準備を訴えました

これが、今年最後のイベント出店です。

開催中の4日間とも好天の日がなく

時々雨の降る肌寒い鬱陶しい日が続いたのですが

連日大勢の来客者で賑わいました

23843559_1538087586228612_3218770696021119110_n.jpg

23755313_1535103539860350_3340716913942013812_n.jpg

でも、さすが会場が大きくなった分通路が広くとれ

前回のような大きな渋滞も起きず

お客様はゆっくり自分の気に入ったものを探すことができました

23843300_1535127526524618_9068387521397559341_n.jpg

以前は少しのスペースしか取れなかった飲食用のスペースも

今回は大きくなり落ち着いて食事もできるようになりました

24068284_1538060172898020_7442195249533281711_n.jpg

今年最後のイベント出店

大盛況のうちに無事終了させていただきました

1年間皆様お世話になりました

心より有難く厚く御礼を申し上げます

もうイベントは一足早く冬休みに入りましたが

新しい作品作りは日々行っております

また来春皆様に喜んでいただける心を込めた作品をご紹介いたします

お楽しみに・・・


葛C谷 高松物流センター

  「MONO工房」    高倉 光一

PS

尚、今回は出展作品の作家女性にお店番を交代で助けてもらい
他の出店者のお店をゆっくり見て回ることもできました。
お店を見るのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れていました。
今回の画像は「雑貨たいむ」FB掲載の写真を流用させていただきました。
主催者の山さん勝手に拝借してすみません。



posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫製屋タカのフリートーク

第44回石川県デザイン展に出品しました!


石川県政記念しいのき迎賓館にて行われた

第44回石川県デザイン展の本審査会に

一次審査通過作品が陳列されました

工業・工芸・コミュニケーション・インテリア・建築

この5つのデザイン部門に分かれて陳列審査が行われました!

葛C谷は4年連続で挑戦をしています

今年は新卒4月入社の若手女子が挑みました!

11月16日〜19日まで一般公開だったので

私は日曜日の最終日に見てきました

IMG_4840.jpg

IMG_4837.jpg

テーマは 「 made in KAHOKU 」

自社のサテンをベースに

オーガンジー・レース・紐  

地元各社の自慢の品をふんだんに使用しました

若い感性が溢れる素敵な作品に仕上がっています

IMG_4845.jpg

これからも 株式会社 気谷 挑戦を続けます!


posted by 小ロット・短納期縫製屋タカ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫製屋タカのフリートーク